研修医・学生の皆様へ

将来脳神経内科を考えている皆さんへ将来神経内科を考えている皆さんへ

脳神経内科は、めまい、頭痛、しびれといったコモンな症状から稀な遺伝性や代謝性疾患まで幅広く扱う、やりがいのある領域です。21世紀の超高齢化社会を迎えて、脳血管障害、認知症、パーキンソン病をはじめとする神経難病に悩む患者さんの数は増加しつつあり、脳神経内科医への社会的ニーズは益々大きくなってきています。

昭和大学医学部脳神経内科では、脳神経内科全般をカバーし、かつ、脳血管障害、てんかん、頭痛、認知症、パーキンソン病といった多領域にわたる専門スタッフを要しており、後期研修では脳神経内科を幅広く、かつ、濃密に研鑽することができます。また、昭和大学病院(旗の台)だけでなく、昭和大学藤が丘病院、横浜市北部病院、江東豊洲病院脳神経内科との連携を密にし、関連病院とも更に協力して教育を行っていきます。さらに、大学院に入って専門医と共に学位を取得するなど、各人のご希望にフレキシブルに対応し、皆さんのご希望や適正に応じた分野・領域でご活躍できるように教室員一同努力していきます。

昭和大学医学部 内科学講座 脳神経内科学部門
小野 賢二郎

研修医・学生へのメッセージ

指導医からのメッセージ

矢野 怜講師・診療科長補佐

矢野 怜 医局長

医学生、臨床研修医のみなさん
これからみなさんは、臨床研修医や専門を決め入局し、医師としてのスタートを切ります。そして何より、みなさんが将来の医療を担うことになります。この一歩目は、その後のみなさんにとって大変大きな一歩になる事と思います。しっかりとした知識、診察能力、判断力、チーム力を高めて、より『よい医師』になるように支援と指導を行うことを、医局員一同、常に心がけています。

 一方で、医師から見た『よい医師』と患者さんから見た『よい医師』が違うことがあります。患者さんは、能力が高いだけでは『よい医師』と感じないことがあり、血の通った医療が必要です。『手当て』という言葉は『前もって準備しておくこと、事態に応じて処置すること』で、実際に手を当てることが語源ではないようです。しかし、臨床の場では、患者さんの痛むところに手を当てたり、手を握って話を親身に聞くだけで症状が改善することをしばしば経験します。その度に患者さんやそのご家族によりそった温かみのある医療が大切だと痛感します。そういった事は、技術や知識とは違い教えられることではなく、これからみなさんが先輩方の背中を見て感じていく事だと思います。そういったみなさんの背中を見て後輩が育ちます。入局をした頃の先輩の姿を思いかえすと、当院の脳神経内科の医局には、そうした土壌が脈々と続いているように思われます。 ぜひ、一度見学に来ていただき、一緒に考え、勉強し、議論してよりよい診療を目指せられれば幸いです。

若手医師からのメッセージ

野原 哲人医師 2015年入局

野原 哲人 医師 2014年入局

授業や試験勉強で接した、あるいは病院実習で学んだみなさんは脳神経内科に「難しい事やってるな」「よくわからないな」などというイメージを心の片隅に持たれたことと思います。ですが医療現場において頭痛、意識障害、痙攣、運動麻痺、痺れ、不随意運動といった神経疾患に出くわす事は非常に多く、それらの診断を導き出す力が今後絶対に必要になってきます。私は脳神経内科での臨床研修を強くススメます。
脳神経内科で携わる疾患は脳梗塞、てんかん、ギラン・バレー症候群など超急性期に治療が必要な神経救急疾患から、認知症、パーキンソン病、多発性硬化症など長く付き合い治療介入が必要な慢性期疾患に至るまで多岐にわたります。神経救急疾患では早急な診断治療技術に加え人工呼吸器管理、血漿交換療法などが時に必要になる一方で、慢性期疾患では経過が長い高齢者の患者様が多いこともあり高血圧、糖尿病などの内科疾患の診療にも携わるといった幅広い医療を日々実践しています。
 また脳神経内科では神経症候学が診断の柱となっており、患者様と接することで得られる神経所見を非常に大事にします。言葉の出にくさ、手足の動かしにくさなどだけで病変の局在部位を推測する力が脳神経内科で身につけることができる、言い換えればこの両手(と打鍵器)さえあれば診断に近づけるのです。そして同時に、患者に寄り添い困っている症状と真摯に向き合いそれを治そうとする医療を体現しています。
 また、今まで永きに渡り「神経疾患は治らない」と言われてきたのも事実であり、悔しい思いをしてきました。しかし脳梗塞の治療1つに焦点を当てた場合にも、ほんの十数年前まで発症したらそのほとんどが寝たきりになっていたところが、急性期治療や再発予防の発達により歩いて帰り日常生活を送れる患者様がとても多くなってきました。そして遺伝子診断やiPS細胞などによる再生医療の進歩により、今まで治らなかった変性疾患などが治せるようになるかもしれません。
 覚えることはたくさんあり大変ですが、とても奥が深く知れば知るほど楽しくなります。研修先、入局先を迷っている先生方、是非脳神経内科を研修してください。後悔はさせません!

幅広い脳神経内科疾患を万遍なく経験することが可能であり、
それぞれの疾患について神経内科的診療手技を経験することができます

  • 神経心理学的検査

  • 末梢神経伝導検査・筋電図検査

  • 頸動脈エコー検査

  • 経食道心エコー検査

  • 血管造影検査

  • 終夜脳波検査

毎週、教授回診や病棟医長カンファレンスにて他の医師との意見交換も積極的に行われています。
脳の切り出し(brain cutting) やCPCも定期的に行われ、神経病理学に造詣を深めることもできます。

  • 教授回診

  • 病棟・医局長カンファレンス

  • 医局の症例検討会

  • CPC・Brain Cutting

また、医局員でイベントを開催し、より多くのコミュニケーションをとることもできます。

  • 野球大会(6月)

  • 納涼会(7月)

  • 医局説明会(6月・12月)

  • 忘年会(12月)

当科では、入局医師はもちろんのこと、研修医を含めた医師や学生の皆様の見学、
研修を随時受け入れております。お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

TEL 03-3784-8781(医局)

メールでのお問い合わせ

shinnai8781@med.showa-u.ac.jp

ページトップへ