脳神経内科とは

 脳神経内科は、脳や脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を専門とする内科です。
脳や脊髄・末梢神経・筋肉に異常をきたした場合に、以下のような症状を自覚します。

  • ●頭が痛い
  • ●めまい・フラフラする
  • ●しびれ・感覚が鈍い

  • ●物忘れ・ボーっとしている
  • ●話しにくい・読めない・書けない

  • ●力がはいらない、手足の動きが悪い
  • ●手足がかってに動く、ふるえる、けいれん

  • ●物が二重に見える・まぶたが重い
  • ●飲み込みにくい・むせる

これらの症状は、精神科(神経科・心療内科)や耳鼻咽喉科・眼科の病気と区別がつかなかったり、判断がむずかしいことが多々あります。
しかし、脳神経内科を受診した患者さんが他の科の病気であった場合には、すぐに専門科を受診していただきますのでご安心ください。
脳神経内科の病気は早い段階での治療を必要とする疾患も多いため、上記の様な症状でどの科を受診したらよいかお困りの場合は、脳神経内科の受診をお勧めします。

脳卒中

脳梗塞

突然発症し、麻痺・感覚障害・視野障害などをおこします。
手足に力が入らない、体が傾く、ふらつく、足がもつれる、呂律が回らないなど、軽微な症状から進行する場合もあり、注意が必要です。

脳出血

突然の頭痛から意識障害・麻痺など急激な進行を示す場合が多いです。しかし、頭痛がない場合もあります。
脳卒中は治療開始までの時間で、後遺症が大きくかわります。できるだけ早く受診する事が大事です。

救急センター受付はこちら

てんかん

発作を繰りかえす脳の病気の総称です。発作には様々な形があります。意識を失って両手足をふるわせる発作から、体の一部のみが震えたり感覚異常を自覚したりする発作や、物忘れと区別のつかない発作などです。薬で発作を抑制・コントロールしていきます。

頭痛

筋緊張性頭痛・片頭痛・群発頭痛など、命にかかわらないが日常生活に支障を来たす頭痛から、脳炎・髄膜炎・脳出血など、早急に治療をしないと命にかかわる頭痛まで多種に及びます。痛さだけでは判断は困難ですので、痛み止めを連用する前に受診することをお勧めします。市販鎮痛薬の連用による薬物乱用頭痛の合併を引き起こす危険性が高いです。

頭痛外来のご案内はこちら

認知症

加齢による「もの忘れ」と認知症は異なります。認知症には様々な原因疾患があり、内服薬の服用により症状の進行を抑制できる疾患もあれば、外科的な治療により症状が軽減する疾患、残念ながら有効な治療方法が確立していないものもあります。外来では必要な検査を行い、適切な治療方針を決定しています。

もの忘れ外来のご案内はこちら

神経難病

パーキンソン病・多発性硬化症・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症など、様々な神経難病の診療も積極的に行っています。

ページトップへ